• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

今年2017年はメンズとウイメンズ共に、タイトルレースが最終イベント地であるハワイまで持ち越しとなっています。

特にウイメンズは接戦となっていて、タイトルレースに残っているサーファーが5名もいるほど。

今回の記事は、タイトルレースのシナリオ、今季ウイメンズCTのこれまでのダイジェスト動画をお届けします。


スポンサーリンク



ハワイイベントでワールドタイトルが決まるという最もエキサイティングな展開となっている今シーズンのウイメンズのワールドツアー。

タイトルコンテンダーは、タイトル獲得経験のあるタイラー・ライト、カリッサ・ムーア、ステファニー・ギルモア、そして過去にタイトルレースに敗れてCTランク2位でのフィニッシュが3回のサリー・フィッツギボンズと2回のコートニー・コンローグ。

それではタイトルコンテンダーとなるトップ5のCTランキング表、WSLによるタイトルレースのシナリオをチェックしてみましょう。

数字上はカリッサ・ムーアとステファニー・ギルモアも含まれていますが、確率的に考えればサリー・フィッツギボンズ、タイラー・ライト、コートニー・コンローグの三つ巴といったところ。

特に複雑なのが、サリーとタイラー。コートニーの結果を抜きにして話すと、タイラーが9位以下の場合だとサリーは最下位の13位でもタイラーよりもポイントが勝るものの、サリーとタイラーが5位または3位で同率となれば、タイラーのポイントが上回るためです。

何はともあれ、タイラーが2年連続のワールドタイトル獲得となるのか、これまでに複数回ワールドタイトルのチャンスを逃したサリーとコートニーが、初のタイトルを掴むのか目が離せません。

コンテストの関連記事
  • 2015年度ウイメンズWCT第九戦「ロキシー・プロ・フランス」:四日目ハイライト
  • ステフがダブルバレルをメイク!2017年CT初戦「クイック&ロキシープロ」三日目
  • シルヴァナ・リマ優勝の2017年QS6,000@ロスカボスとウイメンズQSランクの現状
  • サーフィン ジャッジ
    ジャッジの採点基準を知ればもっと楽しめるサーフコンテスト
  • ラウンド4のみ開催された2017年CT第5戦「フィジープロ」四日目
  • 2014年度ASPワールドツアー第四戦ビラボン・リオ・プロ&リオ・ウイメンズ・プロ:二日目ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事