• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

昨シーズンはCTサーファーとして活動していたビラボンライダーのライアン・カリナン「Ryan Callinan」(25歳)。

残念ながら今年のツアー残留を決めることができませんでしたが、コンテストよりもフリーサーフィン向けと言われ、人気の高いサーファーです。

今回の動画は、ライアン・カリナンにとってフロントサイドとなるレフト天国である南米チリを訪れたサーフトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク



チリの首都であるサンティアゴよりも南のエリアを訪れたということで、かなり寒そうなことが伝わってくる今回のトリップ。

出演者は、ライアン・カリナン、オーティス・キャリー、フレデリコ・モライス、ジョエル・パーキンソン、イーサン・ユーイング、クリード・マクタガートなど。

出演の名前を見て驚きなのが、南米という撮影地にしてビラボンのトップライダーが数多く登場しています。

CTサーファーもいるので、ブラジルイベント前後に行われた撮影トリップだったのかもしれません。

チカマなど世界最長ライドが可能と言われるレフトハンダーを有するチリ。一本の波に乗ればすぐにラインナップに戻れないほどの距離を移動するので、混雑に悩むこともないでしょう。

寒さが苦にならないサーファーならば、天国ではないでしょうか。

サーフトリップの関連記事
  • 微笑みの国「タイ」へのサーフトリップ+ボランティア:チャプター2
  • アラナ・ブランチャードなど女性トップサーファー4名のバリ島トリップをGoPro撮影
  • ミック・ファニングがライトのパーフェクトバレルを貸切サーフ@サーチトリップ
  • サイクロンスウェル狙いのニュージーランドで当てたバレル:ジェレミー・フローレス
  • アフリカ大陸出身のマットとジェロームが当てた2016年ニアス(インドネシア)のビッグバレル
  • ジョナサン・ガビンズが訪れたアーリーシーズンのチョープー(タヒチ)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事