クレイグ・アンダーソンが見出した14歳のスーパーグロムがヘイデンシェイプスのライダーに

シェア(記事を気に入ればお願いします)

オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州セントラルコーストのアヴォカビーチをホームとするオスカー・ラングバーン「Oscar Langburne」(14歳)。

まだまだ若手でコンテストに熱心に出場するわけでもないオスカーが、ヘイデンシェイプスのチームライダーとなることに。

今回の動画は、ヘイデンシェイプスによるオスカー・ラングバーンのウェルカム映像をお届けします。


スポンサーリンク



若手であろうがなかろうが、最も注目を浴びるサーファーはコンテストで結果を残すサーファー。一番分かりやすいですからね。

にもかかわらず、着実にスポンサーを増やすオスカーを最初に見出したのは、フリーサーファーのクレイグ・アンダーソン

今年前半にはクレイグとデーン・レイノルズが関わるブランド「Former(フォーマー)」のチームライダーとなることに。

そして今回は、ヘイデンシェイプスのライダーになったとのニュース。ヘイデンシェイプスについては、クレイグもライダーなのでその繋がりからでしょう。

本人の意思とは関係なく、純粋にサーフィンが好きでキャリアを築き上げていくオスカーを見ていると、このまま我が道を進んでいってもらいたいなと思います。

それにしても、14歳のフリーサーファーがこれほどまでに順調な道を歩んでいくとはレアケースとは言え驚きです。

世界最高峰エアリアルサーファーと呼ばれるチッパ・ウィルソンでさえ、20歳を超えるまではメインスポンサーが付かないほど、レベルの高いオーストラリアでサーファーは埋もれやすい環境なので。

オスカー・ラングバーンの過去記事

デーンとクレイグが認めた14歳のスタイルマスターがトム・キャロルとニュージーランドトリップ
2×ワールドチャンピオンのトム・キャロル「Tom Caroll」(55歳)。オアフ島ノースショアのパイプラインのホローセクシ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)