• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

タイトルレースに敗れたサリー・フィッツギボンズ Photo: WSL / DAMIEN POULLENOT

現地時間11月29日(ハワイ)、マウイ島のホノルアベイを舞台にしたウイメンズCT最終戦となる第10戦「Maui Women’s Pro(マウイ・ウイメンズ・プロ)」がスタート。

波予報通りとは行かなかったレイデイ続きの後、ついに開催となった本日のイベント初日は、素晴らしいコンディションの中でラウンド1~3が終了となりました。

今回の記事は、マウイプロ初日となった本日のイベントレポート、今後の波予報、動画などをお届けします。


スポンサーリンク



イベントレポート

タイトルコンテンダーの中で、サリー・フィッツギボンズとステファニー・ギルモアがラウンド1敗退でスタートとなった本日。

ラウンド1は敗退しても敗者復活戦のラウンド2に進出するだけなのでタイトルレースに影響はなく、重要となるのは負けたら1コケの13位となるラウンド2。

ワイルドカード出場のブリッサ・ヘネシーと対戦したサリーは、波運に見放され一本しか波に乗れず、まさかの敗退と言う結果に。今季のサリーは一コケの13位はおろか、2コケの9位という結果もなく、ワーストリザルトはクオーターファイナル敗退の5位だったので信じられない結末でした。

ただし、サリーは現ランキングトップなので、他のタイトルコンテンダーの結果によってはワールドタイトルの可能性は残されています。

サリー同様、ラウンド2進出となったステフはようやくリズムに乗り始め、ラウンド2ではファーストライドで9.57をマークし、安定した強さでラウンド3進出を決めることに。

*ステファニー・ギルモアの9.57@ラウンド2

ラウンド3では、タイラー・ライトが1位通過を果たすと、サリーにとって初となるワールドタイトルの夢は潰える事となるシナリオ。

ラウンド3のヒート1はステフの好調が続き、9ポイント台と8ポイント台をマークして圧巻の1位通過。

*ステファニー・ギルモアの9.07@ラウンド3

ヒート2ではサリーの運命を左右するタイラーが出場。ヒート2はシルヴァナ・リマが一本目の波で、テイクオフからのバレルをメイクし、その後はカーヴィングと見事なパフォーマンスで8.27をマークしてスタート。

勢い的にはシルヴァナ有利といった雰囲気でスタートしたのですが、勝負強かったタイラー。シルヴァナがプライオリティを持っている時にセットが入り、ポジションがレイト気味のシルヴァナが見逃すとタイラーがすかさず掴み、ディープバレルをメイク。

このタイラーのスコアは本日のシングルハイエストスコアとなる9.87の判断が下され、タイラーが1位通過を決めた瞬間にサリーにとってタイトル獲得の夢は消えました。

*タイラー・ライトの9.87@ラウンド3

残されたタイトルコンテンダーは、タイラー、コートニー、カリッサ・ムーア、ステフの4名。今後のタイトルレースのシナリオは、タイラーがクオーターファイナルを勝ち上がれば、カリッサとステフはタイトルレース脱落。

カリッサとステフがタイトルを獲得するための最低条件は今イベント優勝で、なおかつタイラーが5位(クオーターファイナル敗退)、コートニーが3位以下(セミファイナル敗退)の条件が求められます。

タイラーとコートニーは、二人が5位または3位の同率となればタイラーのワールドタイトル獲得で、コートニーのタイトル獲得条件はタイラーよりも今イベント結果で上回る事。

ちなみに、コートニーはラウンド3で敗退して敗者復活戦のラウンド4に出場するので、ラウンド4で敗退となればその場でタイトルレース脱落となります。

本日のヒート結果

今後のヒート表

ハイライト動画

波予報

今後の予報は現地時間の11月30日午前はフェイスで4~7フィート、午後には5~8フィートで最大セットは10フィートに達する可能性も。翌12月1日も午前は30日午後同様、フェイスで5~8フィートの予報。

11月30日または12月1日のどちらで開催されてもおかしくないのですが、ライブ中継でコメンテーターやサーファーのコメントを聞いていると11月30日がイベント最終日の予定だそうです。

まとめ

日本とハワイの時差は19時間で、日本の方が進んでいます。現地時間の11月30日午前7時半にイベント開始の場合、日本時間では12月1日午前2時半となります。

----------

公式サイト「Maui Women's Pro

2017年マウイプロ関連の過去記事

2017年のウイメンズ最終戦「マウイプロ」がスタート寸前!最新波予報と開催予想日
2017-11-27 13:50
ウェイティングピリオド初日となる11月25日はレイデイとなったマウイ島ホノルアベイを舞台にしたウイメンズCT最終戦「マウイ・ウイメンズ・プロ」。 今季ワールドチャンピオンを決定する...

2017年ウイメンズCT最終戦「マウイプロ」!出場サーファーや波予報などイベント情報
2017-11-24 15:09
ウイメンズのワールドツアー最終戦となるハワイのマウイ島ホノルアベイを舞台とする「Maui Women's Pro(マウイ・ウイメンズ・プロ)」。 マウイプロのウェイティングピリオド...

2017年ウイメンズCTタイトルレースのシナリオ!ハワイ戦前までのダイジェスト動画も
2017-11-23 12:00
今年2017年はメンズとウイメンズ共に、タイトルレースが最終イベント地であるハワイまで持ち越しとなっています。 特にウイメンズは接戦となっていて、タイトルレースに残っているサーファ...
コンテストの関連記事
  • ジョンジョンが優勝とワールドタイトル!2016年WCT第十戦「メオ・リップカール・プロ・ポルトガル」最終日
  • 2016年トリプルクラウン初戦「ハワイアン・プロ」はジョンジョンの優勝
  • 2015年度オイ・リオ・プロ:初日ハイライト
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第十戦モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル:最終日ハイライト
  • 2013年度WCTウイメンズno.10:ローラ・エネヴァー
  • トップ3敗退の波乱!2016年WCT第十戦「メオ・リップカール・プロ・ポルトガル」初日

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ノースショアにおける日常のセッション
フリーサーフ
今回の動画は、オアフ島ノースショアのエリートサーフ一家であるホー家族がメインのセッションとなります。出演は、父マイケル、息子メイソン、娘ココ...
Xスポーツのイタ~い瞬間ベスト10
エンターテイメント
派手なパフォーマンスでギャラリーを魅了するXスポーツ(エクストリームスポーツ)。しかし、派手になればなるほど、パフォーマーのちょっとしたミス...