基本的に波が大外れとなる可能性が極めて低いシーズン中のメンタワイ諸島(インドネシア)。

プロサーファーによるメンタワイトリップの動画は、どれも素晴らしい波を当ててますしね。

今回の動画は、タジ・バロウなどのオージーサーファーによるメンタワイトリップの映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回も例に漏れず、凄いスウェルを当てているメンタワイでのフリーサーフセッション動画。

出演しているのは、元CTサーファーのカイ・オットンに加え、WA(西オーストラリア)オールスターズといった感じのタジ・バロウ、ジェイ・デイヴィス、ディノ・エイドリアンといった面々。

タジのSNSをチェックする限り、今回のトリップはおそらく9月だと思います。タジは6月にもメンタワイを訪れているので、トッププロが惚れ込む事からメンタワイの波がワールドクラスであることが分かりますね。

ちなみに、今回の動画でタジがステイしたのは「Kingfisher Mentawai Resort」。最近ではプロサーファーのトリップはボートトリップではなく、リゾートステイも増えています。

理由としては、メンタワイのボートトリップは翌年の予約がすでに埋まっている事も珍しくないことが一因でしょう。

また、プロサーファーは良い波の映像を残さないとならないので、スウェル予報をギリギリまでチェックしてからのストライクミッションも多いためだと思います。

ただ、リゾートステイの金額はなかなかのもの。タジがステイしたリゾートのサイトを見ると、三食にビール、サーフスポットへのスピードボート代などオールインクルーシブですが、一泊200ドルほど。

宿代に加え、メンタワイトリップの拠点となるパダンにある空港からリゾートまで移動するための往復費用に350ドル掛かるので、良い波をゲットするにはお金が掛かることも分かります。

タジ・バロウの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事