ツアー引退でタジの出演シーン増加!ジョーG作「Cult of Freedom」オーストラリア編

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

ハイパフォーマンスサーフムービーのディレクターとして、双璧をなす存在と言えるカイ・ネヴィルとジョーG。

そのジョーGがシリーズ作品となる新たなフィルムプロジェクトに取り組んでいて、豪華サーファー出演となるオーストラリア編を公開。

今回の動画は、ジョーG監督作「Cult of Freedom」のオーストラリアを舞台としたシリーズ作品の第一弾をお届けします。


スポンサーリンク



新作をリリースすれば必ず大きな話題となり、サーファーアワードの「Movie of the Year」に選出されたりするジョーG作品。

直近のジョーG作品は「Strange Rumblings in Shangri La」で、こちらの作品は2014年のサーファーアワードにて「Movie of the Year」を獲得しています。

タジやホブグッド兄弟も出演したムービーオブザイヤー受賞作の無料公開をレッドブルがスタート
2014年サーファーポール(現サーファーアワード)において、「Movie of the Year」賞を獲得したサーフムービー...

ちなみに、ジョーGと言えば比較対象とされるのがカイ・ネヴィル。二人共にハイパフォーマンスサーフィンにフォーカスした作品を作り、大半の出演者は両作品に共通していますので。

少し過去を振り返ると、カイはサーフムービー界の大御所であるテイラー・スティールの後継者としてテイラーに引っ張り上げられ、今の存在があります。

一方のジョーGは、1997~2002年までの5年間、テイラーのプロダクション「Poor Specimen」にて「Head of Production」を務めていたので、二人のルーツは実は同じです。

作品に話を戻すと、ワールドツアーを引退してフリーサーファーとなったタジ・バロウが数多くのシーンに出演しているのが、個人的には最大のハイライトです。

出演者は以下の通り。

・タジ・バロウ
・ディオン・アジアス
・ノア・ディーン
・ブレンドン・ギベンス
・クリード・マクタガート
・エリック・ガイゼルマン
・ジェイ・デイヴィス

ジョーG関連の過去記事

フィルマー×プロサーファーによるサーフブランド「Octopus」の最新サーフ動画
最近では、現役プロサーファーによるサーフブランドが徐々に増えてきています。その中でも興味深い組み合わせは、現役プロとフィルムメーカー...