アルビー・レイヤー Photo: Catalano

現地時間12月6日(ハワイ)、米サーファー誌によるビッグイベントである2017年サーファーアワードがオアフ島ノースショアで開催されました。

同アワードの目玉である一般投票で人気サーファーを決めるサーファーポールは、今年もジョンジョン・フローレンスとカリッサ・ムーアのハワイアンコンビが獲得することに。

今回の記事は、2017年サーファーアワードの各部門の受賞作品やサーファーなどを紹介します。


スポンサーリンク


まずは各部門の結果から。

*MEN’S SURFER POLL

1. ジョンジョン・フローレンス
2. ケリー・スレーター
3. ジョーディ・スミス
4. フレデリコ・モライス
5. デーン・レイノルズ
6. ガブリエル・メディナ
7. ジャック・フリーストーン
8. ジュリアン・ウィルソン
9. メイソン・ホー
10.フィリペ・トレド

*WOMEN’S SURFER POLL

1. カリッサ・ムーア
2. アラナ・ブランチャード
3. ステファニー・ギルモア
4. サリー・フィッツギボンズ
5. タイラー・ライト
6. セイジ・エリクソン
7. ココ・ホー
8. コートニー・コンローグ
9. ベサニー・ハミルトン
10. レイキー・ピーターソン

*MOVIE OF THE YEAR
受賞:Chapter 11(デーン・レイノルズ)

*BEST SHORT
受賞:Premium Violence(デーン・レイノルズ)

*BEST SERIES
受賞:Continuance(ケリー・スレーター)

*BEST PERFORMANCE
受賞:ジュリアン・ウィルソン(Waywardのパフォーマンス)

*BEST DOCUMENTARY
受賞:Nervous Laughter

*BEST MANEUVER
受賞:アルビー・レイヤー

*BEST BARREL
受賞:イアン・ウォルシュ(ジョーズでのライディング)

*HEAVY WATER
受賞:カイ・レニー

*A.I. BREAKTHROUGH PERFORMER
受賞:グリフィン・コラピント

*AGENT OF CHANGE
受賞:North Shore Lifeguard Association

同アワード前日に公開した過去記事で記載した通り、話題となっていたベストマニューバ部門は、マックツイストをメイクしたアルビー・レイヤーが二年連続で獲得となりました。

マックツイストと言えば、マイキー・ライトも今年メイクした映像を公開していたにも関わらずノミネートされず、代わりにデーン・レイノルズのストレートエアがノミネートされていたのは不思議で、アルビーが物申したくなる気持ちは良く分かります。

ちなみに、下記リンクではマイキーがマックツイスト世界初メイクと記していますが、動画公開のタイミングにより、実はアルビーが先にメイクしていました。

ちなみに、マット・メオラの受賞を推していたアルビーは、思わず「ソーリー、マット」と口にしています(笑)。マットはスピンドルフリップ540やFSエアリバースダブルスピンをメイクしながら受賞してないためです。

アルビーはベストマニューバだけでなく、ベストドキュメンタリー部門も受賞しています。受賞作となった「Nervous Laughter」は、エルニーニョ年のマウイ島ジョーズでのビッグウェイブサーフィンを追った内容。

アルビーが出演しているのはもちろんのこと、フィルム製作したのは「Take Shelter Productions」で、アルビーとフィルマーのダンが立ち上げたプロダクションです。

総合的に見ると、今年はアルビー・レイヤーの年になったサーファーアワードと言えるのではないでしょうか。アルビーが口にしていた通り、フリーサーファーが脚光を浴びるイベントはサーファーアワードだけなので、来年も楽しみですね。

----------

公式サイト「2017 SURFER Awards

昨年のサーファーアワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事