• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

サーフトリップにおいて大変な点の一つとして挙げられるのが、サーフボードを持っての移動。

高額なサーフボードチャージを課せられることもあれば、目的地に到着後、サーフボードが破損しているケースもあります。

今回の記事は、現役CTサーファーであるエースことエイドリアン・バッカンがスタートさせたサーフボードシェアビジネスに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク



メンズCTサーファーであり、ワールドツアーにおけるアスリート代表でもあるエースは、すでに35歳といつ引退して第二の人生を歩むことになってもおかしくない年齢。

そこで6カ月前、友人であるギデオン・シルバーマン(グーグル社の元プロダクトマネージャー)と共にアイディアを練り、サーファーのトリップ方法を変えようと考え、スタートさせることになったのが「Awayco」。

Awaycoには二つの目的があるんだ。一つはサーフボード無しのトリップ実現、もう一つがサーフボード購入前にしっかりとボードをテストライドできる機会を作ること。

実はサーフボードを持たずにニューヨークに行って、ファンウェイブがブレイクしていたからサーフしたかったけど、まともなボードを手に入れることができなかったのがきっかけなんだ。

Awaycoの具体的なビジネス展開としては、既存のサーフショップとサーフボードメーカー(JS、チャネルアイランズ、ファイヤーワイヤー、ヘイデンシェイプスなど)と提携。

提携したボードメーカーのボードは、パートナーショップにてメンバーが利用可能となります。ちなみに、メンバーになるには月間60ドルほどの費用が掛かるとのこと。

ソフトローンチしたばかりの現時点においては、カリフォルニア、オーストラリア、バリ島(インドネシア)にフォーカスしているとの事ですが、出来るだけ早い世界展開を計画しているそうです。

誰でも、色んなタイプの最新サーフボードに乗ってみたいという願望はありますし、かつサーフボードバッグ無しのトリップが可能なんて、個人的には願ったり叶ったりなシステムと感じます。

スタートしたばかりとあり、まだ公式サイトには詳細情報は少ないのですが、今後の展開に期待したいところです。

公式サイト「Awayco

----------

参照記事:「TRAVELING LIGHT

ニュースの関連記事
  • ガブリエル・メディナの義父チャーリーが下されていたWSLイベント参加停止処分
  • サーフィンコンテスト中にドロップイン!?その正体とは・・・
  • 16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
  • イングランドでは初!サーファーが被害者となったシャークアタック@デボン
  • マーガレットリバーが2018年ワールドツアーイベント会場から消滅の可能性
  • ドローンライフガードは水難事故を減らす切り札となるのか!?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事