トリプルクラウン第2戦にして今季QS最終イベントであったサンセットを会場としたワールドカップも終了しましたね。

ということで、今季ラストとなるジェイク・パターソンによるクイックシルバーライダーの舞台裏を映したスネークテールズも公開されました。

今回の動画は、オアフ島ノースショアのサンセットが舞台となったワールドカップにおけるスネークテールズをお届けします。


スポンサーリンク


動画スタートのフリーサーフィン映像では、昔のテイラー・スティール監督作品で使用された音源を使うことが多いスネークテールズ。

今回の音源は、「Momentum: Under the Influence」でミック・ファニングのパートで使用されていたものと懐かしいです。

さて、ワールドカップにおける出演サーファーの結果は以下の通り。

五十嵐カノア:17位
イズキール”ジーク”ラウ:33位
レオナルド・フィオラヴァンティ:25位
グリフィン・コラピント:4位
ラムジ・ボウキアム:33位
マーク・ラコマレ:49位

QS最終イベントを終えた現状としては、ジークがQSランキングでのツアー残留を決め、グリフィンがQSランキングトップとなったのがビッグニュースですね。

レオがツアー残留を決めるのかどうかはパイプマスターズの結果次第。レオの現CTランクは26位で、ツアー残留の条件はトップ22。

ツアーランク22位のビード・ダービッジとのポイント差を見ると5,000ポイントあり、ビードがパイプマスターズで1コケの25位となれば、レオに必要な結果は3位以上。

あくまでもビードとの比較なので、ビードよりランキングが下の23位や24位のサーファーが好成績を残したらアウトという、現実的にはリクオリファイが非常に厳しい状況です。

ただ、レオはまだ20歳なので、たとえ来年はQS生活に戻ったとしても、再びのワールドツアー返り咲きは十分にあり得るでしょう。

今季スネークテールズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事