3~12月までの長丁場となるサーフィンのワールドツアーこと、CT(チャンピオンシップツアー)。

当ブログとしてはイベントレポートをしていながらも結構記憶から抜けているものが多いのですが、それでも記憶に残るパフォーマンスはあります。

今回の動画は、2017年シーズンのメンズCTイベントにおいて、特に鮮明に記憶に残っているパフォーマンスのトップ3映像をお届けします。


スポンサーリンク


ジョンジョン・フローレンスのレイバックハック

マーギーズプロでジョンジョンがこれでもかと決めたレイバックハックは、誰もが記憶に残っていることでしょう。

3年の製作期間を経て2015年にリリースされたジョンジョンのシグネチャームービー「View From A Blue Moon」でも、レイバックハックは収録されています。

という事は、何年も前からジョンジョンが取り組んでいたマニューバだったのですが、ミスの少ない精度まで完成度を高め、ネクストレベルへと突出して見せたのがマーギーズプロでの事でした。

ジョンジョンのレイバックハックは特に、パワフルかつビッグサイズのオープンフェイスで映えるので、マーギーズプロの波は抜群の相性でしたね。

フィリペ・トレドの2×アーリーウープ

近年ではカーヴィングにも磨きをかけ、ターン勝負の波でも十分結果を残しているフィリペ。

そんなフィリペが、ターン勝負となる南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)にて見せたのがアーリーウープのコンビネーション。

ファーストセクションでアーリーウープをメイクしたので、後はターンのコンビネーションでも十分にハイスコアを狙えるシチュエーションでありながら、敢えて攻め続けたフィリペのライディングに付いたスコアはパーフェクト10。

実はこのヒートでは、アーリーウープのコンビネーションの前のライディングでは特大エアリバースのフルローテーションもメイクして、エンドセクションでワイプアウトしたにも関わらず9ポイントをマークしています。

Jベイにおけるパフォーマンスの常識を覆した瞬間だったと言えるのではないでしょうか。

*アーリーウープのコンビネーション

*ビッグエアリバースのフルローテーション

セバスチャン・ジーツのスーパーロングバレル

自然豊富な西オーストラリアのマーガレットリバーを会場とするマーギーズプロ

サーフスポットも豊富なマーギーズプロ会場は、以前はメイン会場のサーファーズポイントでのみイベントが開催されていました。

しかし、他にも素晴らしいサーフスポットがあるということで、2014年に初めてザ・ボックスで開催。ザ・ボックスはスラブ(slab:底ボレするバレル)のライトハンダーです。

そして今年2017年は、ライトのロングバレルのノースポイントでイベント初日が開催されることに。ですが、波は予報に反して良くなく、ヒートが進むうちにコンディションも悪化。

自然相手のスポーツなのでしょうがないのですが、少し残念に思いながらライブ観戦していると、ラウンド1の最終ヒートに出場したシーバスこと、セバスチャン・ジーツがスーパーロングバレルをメイクすることに。

コメンテーターのピーター・メルは完全に潰されたと思ったシーバスの姿が見えると「He's still there, still there, oh my god(まだ走ってる、潰されてない。マジかよ)」と大興奮の実況で、言うまでもなくパーフェクト10。

個人的には、このシーバスのロングバレルが今シーズンのパフォーマンスで最も鳥肌が立ちました。

*パーフェクト10後のインタビュー

まとめ

今回のトップ3はあくまでも個人的な見解であり、人それぞれにベストパフォーマンスの判断は異なることでしょう。

来年2018年も見ていてストークさせられるパフォーマンスを期待したところです。

----------

公式サイト「World Surf League

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事