昨年2017年の11月、すでにアジアのメジャーサーフエリアとなっているフィリピンのシャルガオ島クラウド9に行ってきました。

11月前半の1週間ほどの滞在で、クラウド9がグッドコンディションになったのはわずか1日だったので逃さず撮影。

今回の動画は、フィリピンのシャルガオ島クラウド9のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


長らくQSイベントが開催されている事から、アジアの中でもトップクラスに有名なサーフスポットであるクラウド9。

これまでにもインドネシアなど様々なサーフキャンプを訪れているのですが、クラウド9は別格でした。

まさにサーファーフレンドリーと言えるほどの環境が整い、ラインナップの近くまでピア(桟橋)が伸びているのは知っていたものの壮観でした。

また、サーファーフレンドリーという点で言うと、クラウド9のピア入り口には周辺サーフマップのサインボードもありました。

サーフトラベラーにとって至れり尽くせりの環境が揃ったクラウド9ですが、何も対象は海外サーファーのみではありません。

飛行機でシャルガオ島に到着後の乗り合いバンでも感じたのですが、とにかくローカルであるフィリピン人が多く訪れているのです。

日本への帰国便のフライトでの機内誌でもクラウド9が大きく扱われていたので、国内海外問わず、大々的に観光地として売り出しているのでしょう。

私が訪れたのは11月前半で、オフショアとなる南西モンスーン期からオンショアの北東モンスーン期に移行したばかりの時期です。

サーファー目線で見れば、少し混雑が緩和されると思われる時期なのですが、それでも大きな賑わいを見せていました。

姉妹サイト「World Surf Travel」にてトリップブログを掲載しているので、下記の動画と併せてチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事