via vimeo

サーフィンにおいて一本の波に長く乗ることをロングライドと言いますが、どの程度がロングライドと呼ばれるのでしょうか?

モダンウェイブプールなどが20秒ライド可能などとアピールしている点を考えれば、30秒も乗れればかなりのロングライドと言えると思います。

今回の動画は、30秒など比にならないほどのロングライドをメイクした映像をお届けします。


スポンサーリンク


動画が撮影されたのは、オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州バイロンベイにあるザ・パス。

ラインナップに突き出た岩場を回り込むようにスウェルが入って来るザ・パスは、ライトのポイントブレイクとなっています。

そのザ・パスにて、マクタヴィッシュの11'3"というログを持ってビーチへとやって来たクリスチャン”ウィスピー”バーカー。

浮力たっぷりなログに乗っているという事で、多少のフラットセクションであれば乗り繋げるという利点はあるのですが、驚きなのはそのライディング時間。

動画の時間も気にしながら、長い長いライディング映像をチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事