ワールドツアーイベントの初戦会場となるオーストラリアのQLD(クイーンズランド)州ゴールドコースト。

一口にゴールドコーストと言っても、ワールドクラスなサーフスポットが多々あるほどエリアは幅広いです。

今回の動画は、ゴールドコーストをサーファー目線で3つのエリアに分割し、各エリアをホームとするプロサーファーが紹介する映像をお届けします。


スポンサーリンク


ゴールドコーストと言えば、一般の方が真っ先に思い浮かべるエリアは都市部のサーファーズパラダイスではないでしょうか。

しかし、サーファーズパラダイスはよくあるビーチブレイクといった感じで、サーファー目線で見れば名前負けしている印象が…。

サーファー目線で3つのエリアに分けるのであれば、今回の動画で紹介しているのは「クーランガッタ」、「カランビン」、「バーレーヘッズ」。

いずれもライトのポイントブレイクを有するエリアで、カランビンとバーレーヘッズはそのままサーフスポット名になっています。

ゴールドコーストの最南端に位置し、NSW(ニューサウスウェールズ)州との州境にあるクーランガッタは、CT初戦会場であるスナッパーロックスやキラを有するエリアです。

さて、動画ではカランビンをミッチ・クルーズ、バーレーヘッズをジェイ”ボトル”トンプソン、クーランガッタをマーク”オッキー”オクルーポが紹介。

フリーサーフィンシーンも存分に収録されているので、是非ともチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事