via vimeo

エイドリアン・バッカンやマット”ウィルコ”ウィルキンソンといった現役CTサーファーを輩出しているオーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州セントラルコースト。

同エリアから新たに今季ワールドツアー入りを決めたのがウェイド・カーマイケル「Wade Carmichael」(25歳)。

今回の動画は、2018年ツアールーキーとなるウェイド・カーマイケルのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


見た目と違わず、オーストラリアの伝統的なパワーサーフィンを継承しているウェイドのサーフスタイル。

本格的にQSイベントを転戦するようになったのは、ジュニア時代を終えた2013年からのこと。

2013年以降のQSランクは以下の通り。

2013年:41位
2014年:59位
2015年:16位
2016年:75位
2017年:4位

エアリアルを得意とするブラジリアンサーファーが有利とも見えるQSイベントにおいて、パワーサーフィンでこれだけの結果を残していたのは凄い結果です。

これだけの結果を残してきた理由の一つは、ハワイイベント(トリプルクラウン)に強いため。

2015年にはハワイアンプロで優勝していますし、それ以前にはハワイアンプロとバンズワールドカップで9位という結果も残しています。

基本的にハワイイベントで強いサーファーは、QSよりも波の良いCTイベントの方がフィットしているサーファーが多いですし、ツアールーキーとしてCTで結果を残すサーファーの多くはパワーサーフィン。

果たして、ウェイドも例に漏れずCT初年度から活躍することになるのか注目して見て下さい。

ウェイド・カーマイケルの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事