スポンジボード(英語ではソフトトップ)ブームの火付け役となったキャッチサーフ(Catch Surf)。

そのキャッチサーフではプロサーファーによるプロモデルシリーズがありますが、今度はプロシェイパーによるボードモデルとのコラボが。

今回の動画は、キャッチサーフとロストサーフボードのコラボモデルのテストライド映像をお届けします。


スポンサーリンク


メイヘムこと、マット・バイオロスのロストサーフボードが、世界的に注目を集めるきっかけになったモデルが「RNF(ラウンドノーズフィッシュ)」。

5'5"という短いラウンドノーズフィッシュで、小波からビッグコンディションまでカバーするコリー・ロペスやクリス・ワードのライディングは圧巻でしたからね。

そのラウンドノーズフィッシュが、なんとキャッチサーフからリリースされるのです。これは面白い試みですね。

スポンジボードはパフォーマンス性能を損なう代わりに安全面を強化しているので、ハイパフォーマンスよりもみんなで楽しむといった位置付けにあったはず。

もちろん、オアフ島のパイプラインやマウイ島のジョーズなどで、ジェイミー・オブライエンがキャッチサーフでチャージするというプロによる例外はあったのですが…。

近年では世界中でスポンジボードメーカーが増えていて、パフォーマンス性能に目を付けたデザインに向かうメーカーもあるので、第一人者のキャッチサーフも同様のラインに向かってきたのかもしれません。

今回のラウンドノーズフィッシュを皮切りに、ヘイデンシェイプスのヒプトクリプト、ダニエル”トモ”トムソンの奇抜なデザインなどといったモデルもまた、ラインナップに加われば面白いなと感じます。

最後に今回のラウンドノーズフィッシュのディメンションは以下となります。

5’5” x 20.0” x 2.5” (42 Liters)

-----

スポンジボードの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事