QSのハイグレードイベントが終了すると公開される定番のスネークテールズ。

元CTサーファーのスネークこと、ジェイク・パターソン率いるクイックシルバーライダーの奮闘記や舞台裏のリラックスした様子を収録した内容です。

今回の動画は、オーストラリアのニューカッスルで開催されたQS6,000イベント「サーフェスト」のスネークテールズをお届けします。


スポンサーリンク


ゴールドコーストで開催となるCT初戦前のオーストラリアでは、南のNSW(ニューサウスウェールズ)州にてQS6,000イベントが二つ行われます。

両イベント共にCTサーファーにとってウォーミングアップという位置付けで数々のビッグネームが出場。

ちなみに、オーストラリアではハイエストグレードとなるQS10,000イベントはないので、このQS6,000が最もグレードが高く、オーストラリアのトップサーファーが大集合となります。

そんな注目のイベントとして、まず終了したのがサーフェスト。メンズはマイキー・ライト、ウイメンズはココ・ホーの優勝となりましたね。

スネークテールズ出演者の結果は以下の通り。

・五十嵐カノア:9位
・グリフィン・コラピント:25位
・マーク・ラコマレ:17位
・ラムジ・ボウキアム:49位
・マイケル・ダンフィー:73位
・イアン・クレーン:121位

今季は新たにイアン・クレーンとマイケル・ダンフィーがスネークテールズに参加のようです。

ちなみに、ここ数年は順調にCTサーファーを輩出しているスネーク。今年もメンバーの中からCT入りするサーファーが出るかもしれないので注目です。

昨年のスネークテールズ過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事