地形や人工物など、様々な要因から通常とは異なるブレイクを見せる波があります。

いわゆる癖の強い波なのですが、意外と乗り慣れればグッドウェイブであることも。

今回の動画は、ディラン・グレイヴス「Dylan Graves」(32歳)がプエルトリコの癖波を楽しむフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


現在はカリフォルニアを拠点にするディランですが、もともとの出身はプエルトリコなのでホームでのセッションとなった今回の動画。

癖波に関しては、英語では「novelty wave(novelty:珍しいや斬新という意味)」や「mutant wave(mutant:突然変異という意味)」などと表現されることがあります。

「novelty wave」は変わった波全般を意味することが多く、普段は波がブレイクしないレアなサーフスポットの波を指したりもします。

「mutant wave」はビッグウェイブ系で使われることの多い表現で、ステップ(段差)があり何段ボレにもなる波だったり、テイクオフ時は小さいもののホレ上がると一気にサイズが大きくなる波などを指すことが多いですね。

ということで、今回の動画の波はというと、両方のミックスといった感じがします。これはこれで面白そうな波ですのでチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事