昨年2017年のQSランクトップに輝き、今年のCT入りを決めたグリフィン・コラピント「Griffin Colapinto」(19歳)。

まだまだ若いグリフィンですが、ツアー入りに至るまでには周囲からのサポートや自らの決断の瞬間などがあったとのこと。

今回の動画は、WSLによる2018年ツアールーキーとなるグリフィン・コラピントのプロファイル映像をお届けします。


スポンサーリンク


ホーム、ハワイ、QSイベントと、いずれも恵まれた環境で成長してきたというグリフィン。

ホームのサンクレメンテ(南カリフォルニア)では、グダスカス3兄弟やコロヘ・アンディーノなどといったワールドクラスのサーファーを目の当たりにしながら成長。

ハワイでは同じビラボンライダーのセス&ジョシュアのモニーツ兄弟にプッシュされ、二人の父親でありエディイベント出場経験もあるトニー・モニーツにも可愛がられているそうです。

CT入りに向けてのQSイベントでは、2016年から元CTサーファーのスネークこと、ジェイク・パターソンに指示を仰ぐことに決め、クイックシルバーライダーと行動を共にしていました。

そしてスネークをコーチとしてから初めての出場となったブラジルでのQSイベントで、いきなり成果を出す3位と言う結果を残しています。

スネークにコーチを依頼する際、「コーチになってくれるなら、何でも言う通りにします」と懇願したそうです。

コーチのスネークは「グリフィンの事をスポンジって呼んでるんだ。何でも吸収するから。すごい謙虚なキッズで、エゴってものが一切ないんだ」とべた褒め。

スネークの教えを受けて臨んだ2017年は、言うまでもないほどの大活躍でQSチャンプとなり、トリプルクラウンのチャンピオンにも輝くことに。

グリフィンほどの若手だと、トリプルクラウンでルーキーオブザイヤーになる事はあるものの、制覇は偉業です。また、カリフォルニア出身サーファーとしては初の快挙でした。

グリフィンはオールラウンドサーファーといった印象が強いですが、個人的に好きなのは、時折見せるトップレベルのフリーサーファーのような爆発力溢れるトリック。

ルーキーイヤーとなる今年のワールドツアーでは、どのようなアプローチでCTサーファーと戦う事になるのか注目ですね。

グリフィン・コラピントの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事