ゴールドコースト(オーストラリア)でサイクロン「Linda」スウェルが猛威を振るった3月15日。

スウェルがピークに達した15日午前にはジョエル”パーコ”パーキンソンがスナッパーロックスで乗ったバレルが話題となっていて、その際のフリーサーフィン動画が公開されました。

今回の動画は、コナーとパーカーのコフィン兄弟によるオウンドメディア「Young Wise Tails」から公開された15日のスナッパーロックスセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


出演しているサーファーは、ミック・ファニング、ジョエル・パーキンソン、コナー・コフィン、パーカー・コフィン、セス・モニーツ。

コナーによると「ミックから電話が入って、スナッパーでステップオフ(スピードに乗ったジェットスキーから飛び降りて波に乗ること)しようぜ」と誘われたとのこと。

コフィン兄弟にとってはサーフヒーローであるミックとパーコ。その二人とのセッションということで「夢が叶ったぜ」と、特にパーカーのテンションが高いです(笑)。

コナーにとって記憶に残っているお気に入りのシーンは、パーコがバレルへと吸い込まれるように入っていった瞬間。

ちょうどコナーがパドルしてパーコが乗っている波のショルダーを乗り越えようとした時だったとのことで、間近で目撃したとか。

「これまでに見た中でもトップクラスのベストウェイブだったよ。全力で歓声を上げちゃったよ」との事です。

ゴールドコーストの今季サイクロンセッション

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事