2018年3月28日~4月8日にウェイティングピリオドが設定されているオーストラリアVIC(ビクトリア)州ベルズビーチをメイン会場としたCT第2戦。

メンズは「リップカール・プロ・ベルズ・ビーチ(Rip Curl Pro Bells Beach)」、ウイメンズは「リップカール・ウイメンズ・プロ・ベルズ・ビーチ(Rip Curl Women's Pro Bells Beach)」。

今回の記事は、2018年リップカールプロ@ベルズビーチの出場サーファーや波予報といったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


メンズ:リップカール・プロ・ベルズ・ビーチの出場サーファー

すでにお知らせしていた通り、ケリー・スレーターは今回も欠場を発表していてリプレイスメント出場はマイケル・フェブラリー。

2枠あるワイルドカードは26日開催のトライアルイベントで決定し、ローカルトライアルからはカール・ライト、イベントタイトルスポンサーのリップカールトライアルからはマイキー・マクドナーという結果となりました。

ウイメンズ:リップカール・ウイメンズ・プロ・ベルズ・ビーチの出場サーファー

今イベントもCT初戦に続き、コートニー・コンローグの欠場が発表されました。リプレイスメント出場となるのは再びのメイシー・キャラハンとなっています。

1枠あるワイルドカードは、メンズと異なりローカルとリップカール枠の混合トライアルで優勝したコビー・エンライトに決まりました。

トライアルハイライト動画

波予報

26日に開催されたトライアルイベントでは4~6フィートのソリッドスウェルが入ったものの、ウェイティングピリオド初日の28日には落ち着く見込みなので、レイデイ(イベントのオフ日)になると予想されています。

新たなスウェルが入ってくるのは29日(木曜)の午後から。30~31日はセットでダブルオーバーヘッド以上が予想されていて、コンディションもかなり良さそうな予報となっているので30日からの開催となりそうです。

イベント期間中盤以降は、4月の2~3日と5~7日にもサイズのあるスウェルが入る見込みなので、十分に波のあるイベントになることでしょう。

まとめ

日本とベルズビーチ(オーストラリア)の時差は2時間。現地時間の午前7時半スタートの場合、日本時間は午前5時半となります。ただし、4月1日にサマータイムが終了になると時差は1時間に短縮されます。

公式サイト「Rip Curl Pro Bells Beach

公式サイト「Rip Curl Women's Pro Bells Beach

昨年のリップカールプロ@ベルズビーチ過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事