Photo: WSL / ED SLOANE

現地時間2018年4月1日(オーストラリア)、ベルズビーチをメイン会場としたウイメンズCT第2戦「リップカール・ウイメンズ・プロ・ベルズ・ビーチ(Rip Curl Women's Pro Bells Beach)」が開催。

イベント三日目の本日は、ウイメンズのラウンド3のみ開催となり、ウイメンズはクオーターファイナリストが決定しました

今回の記事は、リップカールプロ@ベルズビーチのイベントレポート、動画、今後の波予報などといったニュースをお届けします。


スポンサーリンク


リップカール・ウイメンズ・プロ・ベルズ・ビーチ(Rip Curl Women's Pro Bells Beach)

波がコンスタントに入るコンディションではないスローヒートとなったものの、風向きを考慮して開催されたイースターサンデーの本日。

すでに今季CT初戦から新ルールが適用されている通り、3人ヒートとなるウイメンズのラウンド3は、上位2名がクオーターファイナル進出となり、3位はイベント敗退となります。

波乱尽くしのラウンド3で敗退となった4名は、ワイルドカード出場のコビー・エンライト、タイラー・ライト、レイキー・ピーターソン、ココ・ホー。

波乱の一方、エクセレントレンジをスコアして好調だったのは、カリッサ・ムーア、タティアナ・ウェストン・ウェブ、キャロリン・マークス。

タティアナに関しては今イベントで初となる9ポイントをマークしています。

タティアナ・ウェストン・ウェブの9.23

カリッサ・ムーアの8.33

キャロリン・マークスの8.00

注目の存在なのは、ツアールーキーながら安定したサーフィンを見せるキャロリン。16歳ながらCT初戦に続き、今回もクオーターファイナル進出を決めていますし。

そんなキャロリンは「CTでのヒートをこなす度に自信が付いてくるし馴染んでくるわ。自分のサーフィンに自信を持ってるから、エキサイトしてるけど緊張感は全くないの」と大物らしいコメントを残しています。

本日の結果

今後のヒート表

ハイライト動画

波予報

来週は2日(月曜)~3日(火曜)、5日(木曜)、8日(日曜)にスウェルが入る予報となっていて、ベルズビーチらしいコンディションが期待できそうな見込み。

ただし、2日は朝からサイドオンショアが吹く予報となっているので、次なる開催はフェイスで7~10フィートに達する3日になると予想されています。

まとめ

サマータイムが終了となり、現在の日本とベルズビーチ(オーストラリア)の時差は1時間。現地時間の午前7時半スタートの場合、日本時間は午前6時半となります。

公式サイト「Rip Curl Pro Bells Beach

公式サイト「Rip Curl Women's Pro Bells Beach

2018年リップカールプロ@ベルズビーチ過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事