カリッサ・ムーア Photo: WSL / MATT DUNBAR

現地時間2018年4月14日(オーストラリア)、マーガレットリバーのメインブレイク(サーファーズポイント)をメイン会場としたメンズとウイメンズのCT第3戦「マーガレット・リバー・プロ(Margaret River Pro)」が開催。

本日もバックアップ会場のノースポイントを舞台にウイメンズまで開催され、メンズはラウンド1ヒート8以降のラウンド1全ヒート、ウイメンズはラウンド1が終了しました。

今回の記事は、マーギーズプロのイベントレポート、動画、波予報などといったニュースをお届けします。


スポンサーリンク


メンズ:マーガレット・リバー・プロ(Margaret River Pro)

誰もがエピックコンディションを期待していた本日、波は予想以上にサイズダウンが進んだ上にブレイクはトリッキー。

さらに今季からの厳しいジャッジ基準が加わり、本日のトータルハイエストスコアは10.34(20ポイント満点)という展開となることに。

五十嵐カノアが出場したオープニングヒートに至っては、ヒートを通して唯一アドリアーノ・デ・スーザが一本だけバレルをメイクしたものの4.00で、1位通過したアドリアーノのトータルスコアは5.00でした。

アドリアーノ・デ・スーザの4.00

見所の少なかった本日の中でも、ミディアムスコアが付いたライディングは以下となります。

ウィリアン・カルドソの4.93

コロヘ・アンディーノの5.17

ジョエル・パーキンソンの5.67

本日の結果

今後のヒート表

ウイメンズ:マーガレット・リバー・プロ(Margaret River Pro)

メンズのラウンド1終了に続き、意外にも開催となったウイメンズのラウンド1。ウイメンズによるノースポイントでのイベント開催は初との事です。

正直、コンディションが悪くノースポイントらしい波がブレイクしない中での開催は驚きでしたが、WSLとしては男女平等を示すための開催になったのかと思います。

ウイメンズでシングルハイエストスコアとなる9.00をマークしたのはタティアナ・ウェストン・ウェブ。バレルスポットのノースポイントにしてターンでのスコアでしたが、かなり際どいセクションを攻めていました。

タティアナ・ウェストン・ウェブの9.00

タティアナに次ぐハイスコアはジョアン・デフェイの7.67、カリッサ・ムーアの7.50となります。

ジョアン・デフェイの7.67

カリッサ・ムーアの7.50

上記2本のライディングを見てもらうと分かりますが、ターンのみのジョアンに対し、バレルをメイクしたカリッサのスコアの方がわずかながらに低いです。

会場がバレルスポットのノースポイントであり、ウイメンズ開催時はバレルがほとんどなかったので、もっとスコアを付けるべきではないのかなと個人的には感じました。

このジャッジ基準ならば、ウイメンズはリスキーなバレルを狙わなくてもスコアを出せることになり、バレルを狙うサーファーが減りますし。

ちなみに、本日はココ・ホーも深くはなかったもののバレルをメイクしましたが、6.17ポイントとスコアは厳しかったです。

この種の議論は昔から言われていて、無難なサーフィンでスコアが出るならサーフィンが進化しないということで、今季からメンズのジャッジ基準が厳しくなったはずですがウイメンズは…。

一時期ウイメンズもエアリアルと言われ、トライするサーファーが増えましたがストレートエアーくらいではさほどスコアに反映されないことから、コンテストでトライするサーファーをあまり見ませんし…。

最後に、本日はマリア・マニュエルがインサイドのリーフゾーンでハマってしまうアクシデントも。ジェットスキーが救助したのですが、すぐに波が入ってきたのでインサイドに向かうとドライリーフにヒット。

その衝撃で、救助されたはずのマリアが振り落とされました…。なんだか本日は一日を通して歯車が狂っていたような…。

マリア・マニュエル救出劇

本日の結果

今後のヒート表

ハイライト動画

波予報

明日15日(日曜)は本日のスウェルがサイズダウンしていきますが、メイン会場であるマーガレットリバーのメインブレイク(サーファーズポイント)では最大セットがフェイスで12フィートあり、朝の風向きはオフショア。

明日もイベントはオンになることでしょう。16日(月曜)からはさらなるサイズダウンやオンショアコンディションが19日(木曜)まで続くと見られているためです。

まとめ

日本と西オーストラリアの時差は1時間で、日本の方が1時間進んでいます。イベント開催時刻が現地時間の午前7時の場合、日本時間は午前8時となります。

公式サイト(メンズ)「Margaret River Pro

公式サイト(ウイメンズ)「Margaret River Pro

マーギーズプロ過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事