via vimeo

昨年2017年終わりに無料公開されたインディーズサーフムービー「Snapt 3」。

かなり長期間の撮影を経て完成した作品なので、未使用となった映像も多々あるようです。

今回の動画は、Snapt 3で使用されることのなかった中米エルサルバドルの危険!?なサーフスポットでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


出演しているサーファーはメイソン・ホーとダスティン・バルカというハワイアンコンビの二人。

二人が訪れたのは、エルサルバドルのシークレットスポット。ただし、このスポットは異常に危険なスポットとして知られ、誰もパドルインサーフィンをしないとか。

その理由は、中米では珍しくないクロコダイルがいるため。以前にはコスタリカでQSイベント開催中、クロコダイルがラインナップに現れてイベントが中断となったこともありましたね。

ちなみに、全てのサーフスポットが危険というわけではなく、基本的には川の近くに位置するサーフスポットが危険で、クロコダイルが川から海へと流れ出てくるそうです。

そんなサーフスポットでの撮影とあり、波に乗るのはジェットスキーの後方から飛び降りて乗るスタイルの「ステップオフ」で行われたとのこと。

波に乗る時は良しとしても、ワイプアウトすれば危険であることには変わりない今回のセッション。実際にセッションを行ったメイソンは以下のコメントを残しています。

クロコダイルはちょっと怖いなって思ったよ。でもさ、考えてみたんだ。もしもワイプアウトしてクロコダイルにヒットしたら、ストークするようなストーリーだって。

そー言えば、テイクオフゾーンのど真ん中にでっかいクロコダイルがいるのを見たよ(笑)。

メイソンみたいな肝っ玉がない限り、中米では河口でサーフすることなんてできませんね・・・。

-----

参照記事:「Watch: Mason Ho and Dustin Barca Take On The Matador In El Salvador

「Snapt 3」の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事