今年も南半球のサーフシーズンに入ったということで、注目が集まるのは南半球のサーフエリア。

中でもメジャースポットにはならないものの根強い人気を誇るのがタスマニア州(オーストラリア)に位置するビッグウェイブスポット「シップスターンブラフ(Shipstern Bluff)」。

今回の動画は、今季シップスターンにスウェルが入った際のビッグウェイブセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るトウインサーフにおいて、最近では足を固定するストラップなしのボードでのトウインが増えています。

しかし、ビッグサイズとなったシップスターンではストラップなしのボードでのチャージは皆無。

その理由として挙げられるのが、「悪魔のステップ」と呼ばれる段差が波のフェイスに出現する2~3段ボレするミュータントウェイブであり、ストラップがないとボードが吹っ飛んでいくため。

つまり、シップスターンの波をメイクするにはビッグバレルメイクに専念するだけでなく、エアドロップとなる段差もクリアしなければなりません。

そんなシップスターンに挑んだのは、オーストラリアのアンダーグランドビッグウェイブサーファーたち。

通常のビッグウェイブセッションとは一味異なるサバイバルセッションをチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事