今や大きな話題となっているモダンウェイブプールの一つである米国テキサス州ウェーコに位置するBSRサーフリゾート。

サーフ・ランチほどのロングウェイブではないものの、バレルありエアーセクションありで、さらには一般公開されているので注目されて当然ですね。

今回の動画は、豪スタブ誌の企画としてアルビー・レイヤー、イアン・クレーン、バロン・マミヤがBSRサーフリゾートを訪れた際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


エアリアルに関しては誰よりもプログレッションにこだわり、あらゆるバリエーションにトライし続けているアルビー。

昨年末のサーファーアワードでは、マックツイスト(バックサイドでエアリバースのフルローテーションに縦回転を加えたエアリアル)でベストマニューバ賞を受賞しています。

その前年にはバックサイドのエアリバースでダブルスピンを世界初メイクしてベストマニューバ賞を受賞しているので、いかにプログレッシブなサーファーなのかが分かります。

そんなアルビーがエアーセクションのあるウェイブプールを訪れたというので、非常に楽しみにしていた今回の動画。

動画を見ると、やはり期待を裏切らないアルビーのエアリアルが満載でした。メイクこそならなかったものの、BS(バックサイド)エアリバースのダブルスピンはインパクト大。

最もインパクトの強かったのはジュードーエア。カイトサーフィンで見られる同エアーは、「ジュードーキック」やら「カンフーキック」と呼ばれ、エアリアルしてる時に前足をサーフボードから抜く動作。

この動作を入れたフロントサイドのアーリーウープをアルビーはしています。新たなエアリアルを追求するアルビーのイマジネーションはやっぱり凄いです。

BSRサーフリゾートと言うウェイブプールの一般公開に伴い、エアリアルの進化のスピードが早まると考えるとサーフィンの未来がもはや想像できませんね。

今度はアルビーに加え、マット・メオラチッパ・ウィルソンを連れてのBSRトリップ映像を是非ともみたいなと感じました。

BSRサーフリゾートの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事