via wsl's instagram

キャンセルとなったマーガレットリバーイベントの代替イベントとして開催が発表されていたバリ島ウルワツを会場とした「ウルワツCT(Uluwatu CT)」。

イベント詳細については、クラマスイベント終了から48時間後にスタートとなり、6月13日までには終了させるとの大枠しか発表されていませんでした。

今回の記事は、ようやくWSL(ワールドサーフリーグ)からウルワツイベントに関する情報がリリースされたのでお届けします。


スポンサーリンク


ウルワツイベントが開催となるのは6月8~10日。代替イベントということですでに一部ラウンドは終了していて、メンズはラウンド3、ウイメンズはクオーターファイナルからスタートとなります。

ヒート表は以下の通り。

メンズ

ウイメンズ

同期間における波予報をチェックすると、8日のお昼頃から徐々にスウェルが入り出し、同スウェルがピークに達するのは9日午前でダブルオーバーヘッドほどとなります。

9日のスウェルに標準を合わせるとすれば、もしかして8~9日をフルに使って2日間で終わらせる可能性もありえるかと予想しています。

メンズのラウンド3をデュアルヒート進行にすれば、時間的にはさほど厳しくないですしね。ただ、デュアルヒートにするならば、コンスタントにセットが入るコンディションでなければ厳しいので、コンディション次第ではありますが。

デュアルヒートにしなくてもギリギリ2日間で終了できるとは思いますが(潮回りによってセットが入ってこないといった事がなければ)、どうなることでしょうか。

さて、ウルワツ開催という事でよく考えて見れば今季初のレフトハンダーですね。なかなか見る事のなかったグーフィーフッターによるフロントサイドでのパフォーマンスに注目したいところです。

-----

公式サイト「Uluwatu CT

公式サイト「Uluwatu CT - Women's

マーギーズプロ関連の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事