今年2018年1月、オアフ島(ハワイ)ノースショアのバックドアで頭をリーフにヒットしたダスティ・ペイン「Dusty Payne」(29歳)。

周りのサーファーの救助によって一命を取り留めたダスティは、ようやくサーフィン復帰までこぎつける事となりました。

今回の動画は、ダスティ・ペインのカムバック劇を追ったドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


アンダーグランドなサーファーが多いマウイ島出身ながら、ワールドツアーなど表舞台で活躍してきたダスティ。

そんなダスティがバックドアで大怪我を負う事になったのは2018年1月8日のこと。ワイプアウトにより頭からリーフにヒットし、そのまま意識を失っていたところ、近くにいたサーファーによって救助されました。

救助されたもののリーフにヒットした頭部への損傷はひどく、頭や顎にいくつものプレートを埋め込むほどの重傷でした。

長い病院生活を終え、ダスティがサーフ復帰することになったのは事故から4か月後となる5月のこと。

動画では、バックドアでの事故発生数か月前となるポルトガルでのQSイベントでのインタビュー、幼少時代の映像、サーフィン復帰したファーストセッションの様子まで収録。

体力的にまだまだ完全復活ではないそうですが、すでにショートボードに乗っているとのことなので、全快となるのもそれほど遠くないことでしょう。

ダスティ・ペインの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事