via vimeo

プロサーファーのファンが多いハワイアンプロサーファーのメイソン・ホー「Mason Ho」(29歳)。

そんなメイソンの代名詞とも言えるのが、ドライリーフだらけの危険なスポットでのフリーサーフィン。

今回の動画は、メイソン・ホーによるドライリーフスポットでのフリーセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


通常のサーファーであれば避けるはずのドライリーフですが、そんなドライリーフに敢えて向かっていくメイソン。

今回の動画を見ていても、見ていてハラハラするようなGoPro映像がたっぷりと収録されています…。

ただ、気になるのがサーフボード。メイソンはドライリーフに突っ込んでいくので、どう考えても無傷なわけはないでしょうから。

なのですが、今回の撮影でボードは一本も折れていないとか。被害としては、フィンが一本無くなっただけで、あとはボードに小さな傷が一カ所入ったのみだそうです。

話は一転して、以前CT引退のミック・ファニングに対して爆笑コメントを寄せていたメイソン。

SNSによるとミックとのサーチトリップが行われたようなので、近い内にミックとメイソンによるサーチトリップの動画もリップカールから公開されると思われるので楽しみです。

メイソン・ホーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事