一口に「上手い」または「上手くない」と分別することのできないサーフィン。

プロサーファーによっても得意なコンディションは異なるし、ギャラリーとしても好みのスタイルがあるためです。

今回の動画は、バンズライダーによるクラウドブレイク(フィジー)とチョープー(タヒチ)でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


南半球のウインターシーズンになると、南太平洋で注目が集まるサーフスポットとなるクラウドブレイクとチョープー。

今年こそ、クラウドブレイクのCTイベントはありませんが(ケリーによるとフィジー政府の援助金がサーフィンからゴルフにシフトしたため)、昨年まではどちらもCTイベント会場でした。

いわゆるワールドクラスのサーフスポットであるクラウドブレイクとチョープーで、今回フリーサーフィンしているのはバンズライダー。

出演者は、デーン、タナー、パトリックのグダスカス3兄弟、ネイザン・フレッチャー、ジョンジョンを兄に持つネイザンとアイヴァンのフローレンス兄弟など。

今回の動画の中で個人的に魅了されるのはデーン・グダスカスとネイザン・フレッチャー。

グダスカス兄弟の中で、モダンなハイパフォーマンスを見せるのはタナーとパトリックですが、波のコンディションがパワフルかつビッグになると目が離せなくなるのはデーン。

ネイザン(フレッチャー)もビッグサイズに強いサーファーで、ネイザンとデーンに共通しているのはアニマルのようなワイルドなアプローチがクールな点。

多様なスタイルを持つバンズライダーという事で、サーファー毎のカラーの違いに注目して見ると面白い動画となっています。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事