旅の直前までスウェルチャートをチェックした上で、これならベストコンディションを当てられると確信して旅立つストライクミッション。

それでもなお、スウェルを外すことは珍しくありません。

今回の動画は、ブレット・バーリーによるスケルトンベイ(スケルトンベイ)へのストライクミッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


すでにお届けした通り、6月中盤に炸裂したナミビアのスケルトンベイ。ただし、波予報をチェックする限りは微妙だったとのことで、ギャンブルのような感じだったそうです。

一か八かに賭けたのは、昨シーズンに初めてスケルトンベイを訪れ、エピックウェイブを当てたブレット。

ストライクミッションという事で出発直前のエアチケット購入は高くなる上にトラブルが発生。

長めのボードを持参したであろうブレットは、デルタ航空からサーフボードが大きいので預かれないと拒否されエアチケット代は返金されることに…。

そこで空港にてアメリカン航空の窓口に行くと、「このボードは短いし、小さい飛行機でも搭載できるわ」と言われ、無事に搭乗できたそうです。

航空会社毎の規定はあると思いますが、なんのこっちゃといった感じですね(笑)。海外トリップの際の航空会社選びの参考した方が良いと思います。

空港でエアチケットを抑えるという事は高額ですし、目的としていたスウェル到来の時間には厳しい状況となったブレット。

しかし、親友のオリヴァー・カーツがすでに機上の人となっていたので、追いかけるようにナミビアに向かう事に。

フライト直前のエアチケット購入のため、3,000ドル(約33万円)もの出費となったトリップですが、果たしてコストに見合うだけの波を当てる事になったのか?

動画ラストでは、オリヴァーがエアーを抑えたのは自宅を出る20分前だとのコメントも。フリーサーファーは、言葉通りに自由といった感じもしますが、フリーでありながらフリーではないのかもしれません。

ブレット・バーリーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事