Photo: Rob Henson

サーフィンのトレーニングとして本格的に活用され始めたウェイブプール。

第一弾として、オーストラリアのオリンピック強化指定選手が先日、ケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」で6日間に渡るトレーニングを行いましたね。

今回の記事は、USAサーフィンが米国テキサス州ウェーコでオープンしたばかりのBSRサーフリゾートとパートナーシップを結んだニュースをお届けします。


スポンサーリンク


USAサーフィンのプレスリリースによると、2018年ワールドジュニアチャンピオンシップと2020年東京五輪に向け、オフィシャルパートナーとしてBSRサーフリゾートを正式なトレーニング用ウェイブプールに採用したと発表。

同CEOのグレッグ・クルーズは「ウェイブプールはビーチブレイクでのトレーニングに最適で、来るべき2018年ISAワールドサーフィンゲーム、2018年ISAワールドジュニアチャンピオンシップ、2020年東京五輪はいずれもビーチブレイク」と言及。

また、BSRサーフリゾートの波についても触れていて「12秒間隔の3本のセットは一分おきに発生可能で、ボタン一つで波のタイプを変更可能。海のコンディションに近い環境を作る事ができる」とのこと。

さて、現時点においてアメリカチームのオリンピック強化指定選手は発表されていないはずですが、オリンピック出場を望むケリー・スレーターも選ばれると思います。

となると、サーフ・ランチを所有するケリーが、いわゆるウェイブプールのライバルであるBSRサーフリゾートでトレーニングするとなると不思議な感じではないでしょうか。

予定通りに東京五輪が志田下で開催となれば、サーフ・ランチのようなロングウェイブはあり得ないので、トレーニングにはBSRサーフリゾートの方が向いていると思いますが。

最後に、オーストラリアやアメリカがウェイブプール活用ということで、今後も他国がウェイブプール活用の動向に追随することになるのか注目です。

-----

参照記事:「BSR Surf Resort’s Waco Wave Pool Named Training Site for 2020 U.S. Olympic Team and 2018 Jr World Championship Team

BSRサーフリゾートの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事