2012年に念願であったワールドチャンピオンに輝いたパーコこと、ジョエル・パーキンソン「Joel Parkinson」(37歳)。

そのパーコが今シーズンをもってCT(チャンピオンシップツアー)を引退することを発表。

今回の記事は、20年近くワールドツアー生活を送ってきたジョエル・パーキンソンの引退に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ここ数年は何度となく引退の噂がささやかれていたパーコ。そんな中、クーリーキッズとして一世を風靡してきたミック・ファニングが今季引退し、パーコはミックの後に続く形となりました。

Jベイイベント直前の発表となったのは、1999年にCTイベント初優勝を飾った会場がJベイであり思い入れが深い場所であるため。

このタイミングでの引退発表ですが、実際の引退イベントは今季最終イベントであるパイプマスターズとなります。

パーコが心境を綴ったSNS投稿は以下の通り。

The first time I went to J-Bay was 19 years ago. I was just a kid back then. I’d just finished last in a contest in Reunion, turned up at J-Bay with a toothache, but then got my first glimpse of the wave and the pain went away. It was six foot and perfect from Boneyards to Impossibles, I paddled out through the keyhole, caught my first wave and that was it. I was gone. I lost my mind. Next thing I was standing there on stage holding the trophy, not sure what had just happened, but I knew I’d found my second home. This is where it all started for me on tour, and that’s why I wanted to be here in J-Bay to let you know that this will be my last year on tour. The Pipe Masters in December will be my last event. The fire just hasn’t been there for a while now and I never want to surf without it, so it’s time to go look for it somewhere else. The tour has given me so much. So many memories, so many friends, the chance for my kids to see the world, but it’s time to move on to the next chapter. That means one last lap of the tour and I can’t wait to catch up with a lot of old friends and get a few waves along the way… starting this week at J-Bay.

Joel Parkinsonさん(@joelparko)がシェアした投稿 -

初めてJベイを訪れたのは19年前のキッズだった頃。レユニオン島で一コケになった直後に訪れたんだけど、歯が痛かったはずなのにJベイのラインナップを見た瞬間に痛みが吹っ飛んだよ。

ボーンヤードからインポッシブルまで6フィートのパーフェクトコンディションで、一本目の波に乗った瞬間からJベイの虜になったんだ。

そんな鮮烈な印象な受けた初Jベイで、気付いてみればトロフィーを持って表彰台に立ってた。何が起きたのかさえ良く分からなかったけど、Jベイが「第二のホーム」になったって確信したよ。

僕にとってJベイはツアーの始まりの場であり、だからこそ、このタイミングでみんなには今季でツアーを引退することを知ってもらいたかったんだ。ラストイベントは12月のパイプマスターズの予定なんだけど。

引退理由については、ここしばらくはコンテスト熱が冷めていて、このままの気持ちでサーフィンを続けたくないから、潮時って考えてのこと。

もちろんツアーからは多くの事を与えられた。数えきれないほどの思い出や仲間、子供に世界を見せてあげる機会にもなったし。でも、そろそろ新たなチャプターに向かう時が来たんだ。

今季でツアーは最後になるから、各地で多くの旧友と再会して一緒にセッションしなきゃって思うと楽しみで仕方ないね。

2年前にタジ・バロウ、昨年はジョシュ・カー、今年はミックに続いてパーコと30代後半のオーストラリアのトップサーファーが続々と引退していくワールドツアー。

ワールドツアーを盛り上げてくれたサーファーの引退は寂しくもありますが、フリーサーファーとして今後の活躍に期待したいところです。

ジョエル・パーキンソンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事