カリフォルニアのクラシックブレイクとして知られるライトハンダーのマリブ。

そのクラシックスポットにて、年代物のクラシックサーフボードを乗ってみたら!?

今回の動画は、プロサーファーなどがマリブでクラシックボードに乗る映像をお届けします。


スポンサーリンク


テストライダーとして出演しているのは、ディロン・ペリロ、コルトン・サルロ、チャド・マーシャル、トレース・マーシャル、ジャレッド・メル、カシア・ミーダー。

ただのクラシックボードと言うより、ユニークなフィンセットアップであったりと当時のエクスペリメンタルなデザインが際立っています。

マリブにてクラシックボードでどのようなラインを描くのかチェックして見て下さい。

実際に使用されているボードのモデルとディメンションは以下となります。

Mark Richards Twin Fin, shaped by Gordon & Smith
「5’10” x 19 1/2″ x 2 3/4″」

Hot Buttered Surfboards “Drifta,” shaped by Terry Fitzgerald
「5’10” x 20″ x 3″」

Hobie, Gary Propper Model
「9’6″ x 22″ x 3 1/8″」

Hobie, Corky Carroll Model
「8’6″ x 3″ x 23″」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事