Photo: WSL / SEAN ROWLAND

7月28日からウェイティングピリオドがスタートとなるカリフォルニアのハンティントンビーチを会場としたUSオープン。

メンズがQS10,000イベント、ウイメンズがCT(チャンピオンシップツアー)イベントとビッグイベントです。

今回の記事は、WSL(ワールドサーフリーグ)がUSオープンのVIPパス販売を始めたので内容についてお届けします。


スポンサーリンク


昨年はハンティントンローカルである五十嵐カノアが優勝したことでも記憶に新しいUSオープン。

同イベントはメンズはCTイベントではないものの、サマータイムの南カリフォルニアと言う時期や場所柄から、サーフイベントの中で最もギャラリーが集まるイベントと言われています。

そんなイベントである事からビーチもピア(桟橋)も人人人といった光景が広がり、リラックスして観戦することも難しいはず。

そこでWSLがVIPパスの販売を始めました。VIPパスの値段は以下の通り。

1,499ドル/1人:7月28日~8月5日までのウェイティングピリオド全期間

199ドル/1人:一日のみ利用

同パス購入の場合に得られる特典は以下となります。

・サーファーのパフォーマンスをしっかり見ることができ、日陰となっているWSLのVIP席(7時から17時まで)

・無料の朝食、ランチ、ドリンク

・イベントギフトバッグ

・30分のビハインドザシーン(舞台裏)ツアー

・VIP駐車場パス

サーフイベントと言えば、ウェイティングピリオド期間で最も波が良い時に開催であり、いつ開催になるのか分からないので観戦チケット販売はなく、観戦は無料と言うのが当たり前です。

そのため、今回のようなVIPパスのような販売という発想がなかなか生まれなかったのかと思いますが、興味深いアイディアではないでしょうか。

お金を出して良い場所を確保し、おそらく舞台裏ではトップサーファーと対面できるという素晴らしい経験を買える事ができるのは個人的にはアリだと思います。

USオープン観戦に花を添えたい方は、是非とも公式サイトから詳細をチェックして見て下さい。

-----

参照記事:「VIP Passes on Sale for Vans US Open of Surfing

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事