危険すぎるビッグウェイブイベントとして知られるシドニー(オーストラリア)のケープフィアを舞台とする招待制ビッグウェイブイベント「Red Bull Cape Fear(レッドブル・ケープ・フィア)」。

今年はイベント会場をタスマニア州のシップスターンへと移し、開催されることが発表となりました。

今回の記事は、レッドブル@ケープフィアのイベント情報に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


例年であればオーストラリアの位置する南半球の冬がウェイティングピリオドに設定されていたレッドブル@ケープフィア。

しかし、今年は開催に関するアナウンスが行われていなかったのでおかしいと思っていたのでしたが、会場移転となり、ウェイティングピリオドも変更しての開催が発表されました。

イベント情報は以下の通り。

ウェイティングピリオド

8月1日~12月31日

招待サーファーリスト

Russell Bierke (AUS)
Pedro Scooby (BRA)
Daniel Griffiths (AUS)
Michael Brennan (AUS)
Mick Fanning (AUS)
Laurie Towner (AUS)
Shaun Wallbank (AUS)
Zebulon Critchlow (AUS)
Ross Clarke-Jones (AUS)
Ryan Hipwood (AUS)
James McKean (AUS)
Brook Phillips (AUS)
Jamie O-Brien (USA)
Nathan Florence (USA)
James Hollmer-Cross (AUS)
Marti Paradisis (AUS)
Kai Lenny (USA)
Billy Kemper (USA)
Tyler Hollmer-Cross (AUS)
Alex Zawadzki (AUS)

パドルインになるのかトウインとなるのかはコンディション次第ということで、同イベントが当初から掲げていたパドルイン&トウインもコンディションによってはあり得るとのこと。

エピックコンディションを狙っての開催となれば、基本的にはパドルインでは波に乗れず、トウインのみになる可能性が高いと思われますが。

過去のレッドブル@ケープフィアを見ていても簡単にはゴーサインが下されないのですが、是非とも開催に至るほどのビッグスウェルが入って欲しいですね。

非常に楽しみなイベントの一つではないでしょうか。

レッドブル@ケープフィアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事