via Kai Lenny's instagram

プロサーファーの間でハイドロフォイルサーフィンブームを引き起こした存在と言えるカイ・レニー「Kai Lenny」(25歳)。

そんなカイ本人もフォイルサーフィンの限界をプッシュしていて、ついにこんなレベルにまで。

今回の動画は、カイ・レニーによるフォイルサーフィンでのエアリアル映像をお届けします。


スポンサーリンク


ウォーターマンとしてあらゆるマリンスポーツに精通し、当初はSUP(スタンドアップパドル)の分野で台頭したカイ。

しかし、ショートボードのサーフィン動画を見ればエアリアルなどモダンサーフィンを見せ、マウイ島出身のハワイアンということでビッグウェイブサーフィンもお手の物。

2017年にメキシコのプエルト・エスコンディードで開催されたBWT(ビッグウェイブツアー)イベントでは優勝まで果たしましたからね。

カイのサーフィンスタイルは既存の枠には収まらず、ストラップを付けたトウインサーフ(ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るスタイル)では、ハイパフォーマンスサーフィンを追求したりと、同郷のアルビー・レイヤーマット・メオラ同様に革新的です。

両親が日本人でありながらワールドツアー入りした五十嵐カノア然り、やはり身近な環境と言うものは、非常に影響力があるなと感じさせられますね。

そしてフォイルサーフィンでもまた、ハイパフォーマンスとなるエアリアルを追求しているようで、公開されたのが今回の動画。

カイのサーフィンがジャンルを問わず、今後はどのような方向性へと進化していくのか目が離せません。

Foilz N’ Butter‼️ 🎥: @ryanjohnson.mov

Kai Lennyさん(@kai_lenny)がシェアした投稿 -

カイ・レニーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事