ジェイミー・オブライエンを主役としたレッドブルによる大人気サーフィンエンタメシリーズ作品「Who is JOB 8.0」。

エピソード4となる今回は、前回同様に舞台は米国テキサス州ウェーコにあるBSRケーブルパーク。

今回の動画は、アメリカのテキサス州編となる「Who is JOB 8.0」エピソード4をお届けします。


スポンサーリンク


前回同様にBSRサーフリゾートのウェイブプールで遊ぶシーンからのスタート。前回よりも少し波のサイズを上げてのウェイブプールセッションとなります。

ウェイブプールを堪能後は、BSRケーブルパークの目玉であるケーブルを使ったウェイクボードにチャレンジ。

もちろん通常通りではなく、ウォンパー(キャッチサーフのハンドプレーン)、スポンジボード、スキーなど使っていますが…。

動画後半は今回最大の見所となるベアフットスキー。ボートにトウイン(牽引)してもらってスピードを出し、ベアフット(裸足)ということで足の裏をスキー板代わりにします。

ちなみに、動画内でのジェイミーいわく時速50マイル(約80キロ)でトウインしてもらうのだとか…。

転んだ後に水面にヒットした衝撃はどんなものなのでしょうか!?みんな楽しそうにやってますが、相当なクレイジー揃いなので本当のところが分かりません(笑)。

Who is JOB 8.0の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事