via WSL's facebook

現在ウェイティングピリオド中のチョープー(タヒチ)を舞台にしたメンズCTイベントのタヒチプロ。

イベント期間という事でCTサーファーが集まる中、ツアールーキーのマイケル・フェブラリー「Michael February」(25歳)が前代未聞のテクニックを見せる事に。

今回の動画は、マイケル・フェブラリーによる新しい形のダックダイブ(日本語ではドルフィンスルー)映像をお届けします。


スポンサーリンク


一般的には腕立て伏せの体勢からノーズを沈め、その後、テールを足で蹴って沈めながら体も海中に入れていき、迫りくる波をやり過ごすダックダイブ。

おそらく誰もが上記のやり方こそがダックダイブであり、他のやり方を編み出そうなどと考える事もないですよね。

しかし、一味違うのがスタイリッシュサーファーとして知られるマイケルによるダックダイブ。

もちろん、今回のテクニックをサイズのある波でやるわけもなく、あくまでもエンターテイメント的なものでしょうが、クリエイティブな発想力ではないでしょうか。

ダックダイブの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事