via vimeo

7月後半にスーパーセッションが繰り広げられたインドネシアのニアス。

数々のビッグウェイブサーファーが集結したということでそれぞれのサーファーに忘れられない思い出が残ったそうです。

今回の記事は、ルーカライダーのタイラー・ニュートン(Tyler Newton)によるニアスストーリーとフリーサーフ動画をお届けします。


スポンサーリンク


最もコンスタントにビッグスウェルが入る事から、7~8月がピークシーズンとなるインドネシア。

そんなタイミングに合わせ、1カ月ほどインドネシアに滞在していたのが、今回の主役となるカウアイ島(ハワイ)出身のタイラー。

インドネシアでは、バリ島、メンタワイ諸島、デザートポイント(ロンボク島)などといった主要エリアでサーフィンし、モンスタースウェル到来のタイミングに合わせてニアス入り。

実はニアスでのサーフィンは初めてであったということで、スウェルがピークに達する前日にニアスに入り、ウォームアップの時間を取ったそうです。

そんなタイラーによる思い出深いシーンと言えば、キーホールにリーシュコードが引っ掛かって海中に15秒沈んでいたイーライ・オルソン、セットへのチャージを繰り返し最終的にリーフに顔からヒットしたキール・チャンなど。

大怪我に繋がるほどの出来事はなかったそうですが、それなりのハプニングはあったそうです。顔面のリーフヒットは強烈ですが…。

-----

参照記事:「Nias At Its Heaviest Is A Fear Factory

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事