ビッグウェイブサーファーであり、WSL(ワールドサーフリーグ)コメンテーターであるピーター・メル。

その息子としてサーフシーンで台頭してきているのがジョン・メル「John Mel」(18歳)。

今回の動画は、ジョン・メルがメインとなっているナミビアのスケルトンベイでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


シーズン中であっても、なかなかコンディションの決まる事がないというナミビアのスケルトンベイ。

しかし、一度コンディションが決まると、おそらく世界最長となるレフトのロングバレルが一本の波で複数回に渡って形成されることに。

今回の動画でフィーチャーされているのはジョン・メルで、父親のピーターも一緒に訪れ、息子の撮影を行ったと言います。

動画のラストシーンはジョンがGoProでPOV撮影した動画で、一本のライディングで何回バレルに入ったのかを計測して、その回数は実に10回。

ジョンはSNSで今回のトリップについて以下のコメントを投稿しています。

ずっと行きたいって思ってた夢の場所で、僕の期待を遥かに超えていたよ。

にわかには信じがたいほど、あまりにもスケールの大きすぎるスケルトンベイ。映像をチェックして見て下さい。

-----

今季スケルトンベイの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事