2016年にケリー・スレーターが始動したサーフボードブランド「スレーターデザインズ(Slater Desings)」。

そのスレーターデザインズの中で最も多くのモデルを手掛けているシェイパーが、トモことダニエル・トムソン。

今回の動画は、ケリー・スレーターがトモデザインのサイマティック(Cymatic)に乗る映像をお届けします。


スポンサーリンク


流体力学を駆使して無駄を省いた結果、奇抜なボードデザインながらも高い評価を受けるシェイパーのトモ。

ケリーもミニボードブームを起こしたりとボードデザインにおいてミニマリストであることから、ケリーとトモが意気投合したのは自然な流れなのでしょう。

その結果として、スレーターデザインズからリリースされているサーフボードモデルの中で、トモは3つものモデルもリリースしています。

3つ目となったのが、今回の動画で登場しているサイマティック。必要最低限にして最大限の力を発揮できるというケリーとトモらしいモデルです。

最強のパートナーと言えるケリーとトモ。そんな二人の出会いはかなり古く、1991年にトモのホームであるレノックスヘッドで出会っていたとか。

ケリーが18歳頃でトモが8歳だったそうで、トモが下記の投稿にて思い出の写真を載せています(二枚目の写真)。

この時のケリーは当然ながら、幼いトモが信頼できるシェイパーへと成長するなど知る由もないはずなので、人との巡り合わせとは興味深いものです。

-----

スレーターデザインズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事