via WSL's instagram

10月のフランスCTイベント開催時に行われる事となるWSLによるエアショー「Red Bull Airborne France(レッドブル・エアボーン・フランス)」。

同エアショーにてワイルドカード出場者の動画募集が行われていて、ついにワイルドカードが決定しました。

今回の記事は、エアボーン@フランスの動画コンテストを勝ち抜いたワイルドカード出場者に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


オープン枠とアンダー18枠の2枠を賭けて行われていたエアボーン@フランスの動画コンテスト。

エアリアルに自信のあるサーファーならば、基本的に誰もが参加可能と門戸の広い内容となっていました。

そして発表されたファイナリストは以下の通り。まずはアンダー18から。

続いてはオープン枠のファイナリスト。

ファイナリストの顔ぶれを見ると、バリバリ名の知れ渡ったプロサーファー揃いとなりました。

個人的にはアンダーグランドで無名なエアリアルサーファーが集まってくるかと思ったのですが、そうではないですね。

このメンバーの中でワイルドカードを獲得したのは、以下の2名となります。

オープン枠はレイフ・エングストローム(Leif Engstrom)、アンダー18枠はセバスチャン・ウィリアムズ(Sebastian Williams)。

パワフルなフランス南西部のビーチブレイクが舞台なのでエアリアルには最適とあり、非常に楽しみなエアショー。どのようなエアリアルサーフィンが繰り広げられることになるのか期待が高まってしまいます。

エアボーン@フランスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事