サーフィンが上手くなるために重要なのは、当然ながら海に入ること。

ですが、根幹となる体の柔軟性や可動域なども密接に関係し、今では多くのプロサーファーがサーフィン以外のトレーニングにも力を入れているのが事実です。

今回の動画は、パフォーマンス向上に繋がる可動域を広げるサーファー向けトレーニング映像をお届けします。


スポンサーリンク


可動域を広げて柔軟性を高めることで、パフォーマンスを向上させるだけではなく怪我の予防になります。

トレーニングが当たり前となったプロサーフィン界において、30代になってもバリバリ活躍するワールドツアーサーファーが存在することが実証していると言えますね。

そんなトレーニングを試してみてはいかがでしょうか。一般サーファーであっても、上達したい気持ちはプロと変わらないですしね。

今回のメニューを紹介しているのは、2×ワールドチャンピオンのトム・キャロムも支持するサーファー向けコーチのミッシェル・ドリールスマ。

内容はサーフィン中の動作の可動域を広げるための、サーファー向け「Kinstreach(ボディコントロール、柔軟性、可動域を最大限に発達させるストレッチを超えたストレッチ)」とのこと。

動画内容を真似する上での注意点が2つあります。

1. 動画は4倍速

2. 動画ではデモンストレーションとして片側しかストレッチしていないので、実際は両サイド行うこと

パフォーマンス向上を目指す方だけではなく、怪我防止の効果もあるので、いくつになってもサーフィンを続けたい方などにもお勧めです。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事