2018年10月3~14日に日程が設定されている男女同時開催となるCT第9戦の「クイックシルバー・プロ・フランス(Quiksilver Pro France)」と「ロキシー・プロ・フランス(Roxy Pro France)」。

イベント会場は、世界最高峰のビーチブレイクバレルがブレイクするフランス南西部となります。

今回の記事は、フランスCTイベントの出場サーファーといったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


クイックシルバー・プロ・フランス

メンズの今イベント欠場サーファーは、ジョンジョン・フローレンス、ケリー・スレーター、カイオ・イベリの3名。

リプレイスメント出場はいつも通りのミゲル・プポとウィゴリー・ダンタス。となると、ワイルドカードの2枠と合わせると、残り3枠空いている事になります。

ワイルドカードの1枠はローカルワイルドカードとして、フレンチサーファーの中で最もQSランクが高い現QSランク8位のジョーガン・クージネ。

もう1枠のワイルドカードとリプレイスメントはどのような振り分けなのか分かりませんが、マイキー・ライトとライアン・カリナン。

現QSランクにおいて、CTサーファーである五十嵐カノアを除くとトップのライアンがワイルドカード、マイキーがリプレイメントという形なのかなと思います。

ロキシー・プロ・フランス

ウイメンズのフランスイベント欠場サーファーは、タイラー・ライトとシルヴァナ・リマの2名。

リプレイスメント出場となるのは、メイシー・キャラハンとポーリン・アドとなっています。

ワイルドカードの1枠は今年のワールドジュニアチャンピオンに輝いたタヒチ出身のヴァヒネ・フィエロ。

まとめ

すでにお伝えしている通り、今年のフランスイベントは世界トップのフリーサーファーも出場するエアショーも開催となります。

また、タイトルレースのシナリオでお伝えしたよう、ステファニー・ギルモアが7度目のワールドタイトルを確定させる可能性もあります。

見所満載となる今シーズンのフランスイベントなので、注目してみてはいかがでしょうか。

最後に、日本とフランスの時差は7時間で日本が7時間進んでいます。ライブ観戦の場合、現地時間の午前7時半スタートならば日本時間は午後2時半となります。

-----

公式サイト「Quiksilver Pro France

公式サイト「Roxy Pro France

昨年のクイックシルバー・プロ・フランス過去記事

昨年のロキシー・プロ・フランス過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事