サーフィンの聖地とも呼ばれるハワイのオアフ島ノースショア。

ノースショアを代表するサーフスポットの一つが、ワールドツアー最終戦の会場でもあるパイプライン。

今回の動画は、アーリーシーズンにして炸裂したパイプラインでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


南半球から北半球へとサーフシーズンが移り変わったばかりの現在。まだアーリーシーズンといった時期ですね。

そんな時期ではあるもののパイプラインが炸裂。ただ、時期が時期なので今回の動画に登場するのはハワイアンのローカルサーファーです。

セスとジョシュアのモニーツ兄弟、バロン・マミヤ、マーク・ヒーリー、ネイザン・フローレンスなど。

動画が撮影されたのは10月2日のことで、今シーズンのファーストスウェルだそうです。

ちなみに、パイプラインとバックドアを混合している方もいるかと思いますが、同じピークからブレイクするレフトハンダーがパイプライン、ライトハンダーがバックドアです。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事