波のフェイスが何段にもホレ上がるビッグウェイブかつミュータントウェイブスポット「シップスターン(正式名:シップスターン・ブラフ)」。

オーストラリアTAS(タスマニア)州にある同スポットは、今年はレッドブルによるビッグウェイブイベント「Red Bull Cape Fear(レッドブル・ケープ・フィア)」の会場となっています。

今回の動画は、ローカルサーファーが繰り広げた今シーズンのフリーセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


今シーズンはレッドブルイベント会場となったので、ビッグスウェルのヒットが待ち遠しいシップスターン。

レッドブルイベントは、シップスターンに会場を移しながらも、以前の会場であるケープフィアがイベント名になっているのですが…。

2016年に開催された同イベントは、世界で最も危険なサーフイベントとして同時期にフィジーで開催されていたCTイベント以上に盛り上がりました。

CTサーファーもストークしながらライブ中継を観戦していたほどでしたしね。

そんなシップスターンでのローカルによるセッション動画。この波でイベントが繰り広げられると考えるだけでワクワクしてしまいます。

ちなみに、レッドブルイベントのウェイティングピリオドは12月31日までとなっているので、十分過ぎるほどビッグスウェルを待つ時間は残されています。

レッドブル@ケープフィアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事