Photo: Firewire Surfboards

11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターによるサーフボードブランド「スレーターデザインズ(Slater Designs)」。

スレーターデザインズはサーフボードに注目が集まっていますが、デッキパッドやリーシュコードといったアクセサリーもリリースしています。

今回の記事は、スレーターデザインズがリリースしているリーシュコードに関する内容をお届けします。


スポンサーリンク


自然を遊び場にするサーファーとして、自然環境の保全を常に念頭にいれた動きを見せているケリー。

アパレルブランドのアウターノウンもそうですが、ケリーが打ち出しているテーマはサステイナビリティであり、今回のリーシュコードも同様のテーマのもとに製作。

一見すると他ブランドのリーシュコードと類似しているスレーターデザインズのリーシュコード。

ですが、細かい点においてエコフレンドリーな作りとなっています。

・カフ(足首に巻く部分)は80%のCO2排出量削減

・コードの20%はリサイクルされたウレタン素材

・レールセーバー(サーフボードに取り付ける部分)は使用済みペットボトルのキャップを利用

サーフボードほど細かい点を気にせずに購入すると思われるリーシュコードですが、少しでも自然環境保護の一助になるのならば、スレーターデザインズを選択肢に入れるのもアリではないでしょうか。

-----

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事