via WSL

2018年10月1日からウェイティングピリオドに突入していた今シーズンのBWT(ビッグウェイブツアー)。

そんなBWTイベントの一つである、ポルトガルのナザレを会場とした「ナザレ・チャレンジ(Nazare Challenge)」にグリーンアラートが点灯。

今回の記事は、ナザレチャレンジに関する波予報や出場サーファーのヒート表といったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


ビッグウェイブイベントという事で、規定サイズ以上のビッグスウェルが予報された時にゴーサインが下されるBWT。

BWTコミッショナーのマイク・パーソンズによるコメントは以下の通り。

11月16日(金曜)、ナザレチャレンジ開催に向けて正式にグリーンアラートを発令しました。

入念にコンディションを精査した結果、金曜はかなり期待の持てる予報となっています。

波のサイズは25~35フィート、風向きも良くてクリーンコンディションになると見られるので、BWTシーズンのスタートには最適でしょう。

公式波予報サイトであるサーフラインによると、一日を通しての金曜日の平均サイズは20~30フィート、最もサイズのある午前中は最大セットが35フィートにまで達する可能性があるとのこと。

出場サーファーとヒート表は以下となります。

Round 1:

Heat 1: Billy Kemper (HAW), Lucas Chianca (BRA), Greg Long (USA), Nathan Florence (HAW), Francisco Porcella (ITA), Antonia Silva (PRT)

Heat 2: Ian Walsh (HAW), Tom Lowe (GBR), Will Skudin (USA), Russell Bierke (AUS), João De Macedo (PRT), Rodrigo Koxa (BRA)

Heat 3: Kai Lenny (HAW), Jamie Mitchell (AUS), Natxo Gonzalez (EUK), Jojo Roper (USA), Pedro Calado (BRA), Hugo Vau (PRT)

Heat 4: Makuakai Rothman (HAW), Alex Botelho (PRT), Grant Baker (ZAF), Nic Lamb (USA), Nic von Rupp (PRT), João Guedes (PRT)

日本とポルトガルの時差は9時間で、現地時間の11月16日午前8時にイベントがスタートの場合、日本時間は16日午後5時となります。

-----

公式サイト「Nazare Challenge

昨シーズンのナザレチャレンジ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事