via vimeo

オーストラリア出身でトップQSサーファーのソリ・ベイリー「Soli Bailey」(23歳)。

QS最終戦となるワールドカップを前にした現在のQSランクが16位のサーファーです。

今回の動画は、ソリ・ベイリーがQSイベントの合間に撮影していたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


本格的にQSイベントに参戦するようになった2015年にQSランク18位となっているソリ。

その後のソリは、2016年にQSランク30位、2017年にQSランク54位となり、現在が16位。

2017年にはオアフ島ノースショアのパイプラインを会場としたボルコムプロで優勝したのも記憶に新しいですね。

当時のボルコムプロの過去優勝者は、ケリー・スレーター、ジェイミー・オブライエン、ジョンジョン・フローレンスの3名のみだったので、風穴を開ける結果となったので。

ボルコムプロでの優勝はハワイでも通用するだけのサーフレベルにあると証明したとも言えるソリ。

サンセットビーチでのワールドカップで活躍し、CT入りしてくるのか注目ですね。

最後に、動画の撮影地はオーストラリア、ハワイ、インドネシア、ニュージーランドとなっています。

ソリ・ベイリーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事