いよいよ4月2日から、オーストラリアの東海岸から西海岸へと移動し、ワールドツアーイベント第二戦目がスタートします。そのため、ツアーサーファーたちは少し早めに会場となるマーガレットリバー入りし、慣れるためにサーフしているのかと思いきや、ケリー・スレーターは違いました。

今回の動画は、3月25日に撮影されたセッションとなります。場所はオーストラリアの東海岸で、とてもチャレンジングで癖がありますね。このセッションにケリーが加わっていると言うことは、少なくとも25日の段階ではウエスタン・オーストラリア州に向かっていないということを意味します。

以前には、ヴィクトリア州のベルズビーチでウエイティングピリオドがスタートしているのに、シドニー周辺の波が良いという理由で会場入りしていない事もあったので(もちろん、波予報をチェックしてコンテストがオンにならないと判断した上だと思います)、ケリーにとってはコンテストに焦点を合わせるというより、純粋にグッドウェイブでのサーフィンが優先という事が分かります。

この波は、どちらかと言うとボディボーダー向けといった感じがしますが、ケリーにはあまり関係ないようですね。1:22~の波では、バレルのメイクこそ出来なかったものの、凄まじいまでの水量のリップの下でテイクオフを決めていますし・・・。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事